精神保健福祉科

学科紹介|精神保健福祉科

教育の特徴

精神保健福祉士と社会福祉士、2つの国家資格に対応したカリキュラム編成です。福祉の世界で幅広く活躍できるよう、コミュニケーション能力の向上を重視した教育を行っています。


卒業後に実務経験を経て受験する国家試験合格に向け、卒業後のサポートも万全に実施しています! 本校の授業は役立つ実践的な内容が盛りだくさん!相談援助業務の演習授業など豊富に行っています!


精神保健福祉士とは

心の病などで生活上の困難や悩みのある人、またその家族からの相談に応じ、専門的な知識を活かして問題解決のために必要な支援を行います。仕事内容は相談援助、社会参加へ向けた助言や訓練・指導、関係機関との連絡調整など多岐にわたります。

 

社会福祉士とは

社会生活をおくる上で困難や悩みのある人、またその家族からの相談に応じ、専門知識を活かして問題解決のための助言や指導、関係機関との連絡調整など様々な支援を幅広く行います。

 

活躍の場 ・病院
・クリニック
・障がい者支援施設
・グループホーム
・小規模作業所
・救護施設
・地域包括支援センター
・保健所 など

取得目標資格

  • 精神保健福祉士(厚生労働省) ※卒業後、各分野での相談援助実務経験1年以上で受験資格を取得
  • 社会福祉士(厚生労働省) ※卒業後、各分野での相談援助実務経験1年以上で受験資格を取得
  • 社会福祉主事任用資格(厚生労働省) ※卒業と同時に資格を取得

授業紹介

相談援助の理論と方法Ⅰ(1年次)

相談援助の基本的方法や考え方を理解し、ロールプレイ、グループ討論でコミュニケーション、面接技術を身につけます。


精神疾患とその治療(2年次)

代表的な精神疾患や治療法について学び、精神保健福祉士の業務に必要な精神医学的知識の基礎を身につけます。


精神保健福祉援助演習(3年次)

精神障がい者の生活や生活上の困難を把握し、事例などをもとにしたロールプレイを行って相談援助技術を修得します。


年次別カリキュラム

1年次

社会福祉専門科目 人体の構造と機能及び疾病 心理学理論と心理的支援
現代社会と福祉 相談援助の基盤と専門職
相談援助の理論と方法Ⅰ 地域福祉の理論と方法
高齢者に対する支援と介護保険制度
障害者に対する支援と障害者自立支援制度 保健医療サービス
保健体育・レクリエーションⅠ 相談援助演習Ⅰ
相談援助実習指導Ⅰ 相談援助実習Ⅰ

精神保健福祉
専門科目
精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅰ
精神保健福祉に関する制度・サービス

特設科目 社会・精神福祉総論Ⅰ カウンセリングの実際
情報と医療福祉Ⅰ 記録の基礎と活用
接遇マナーⅠ


2年次

社会福祉専門科目 相談援助の理論と方法Ⅱ 社会保障
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅰ
低所得者に対する支援と生活保護制度
就労支援サービス 更生保護制度
保健体育・レクリエーションⅡ 介護概論 相談援助演習Ⅱ
相談援助実習指導Ⅱ 相談援助実習Ⅱ

精神保健福祉
専門科目
精神疾患とその治療 精神保健の課題と支援
精神保健福祉相談援助の基盤(専門)
精神障害者の生活支援システム 精神保健福祉援助実習指導Ⅰ

特設科目 社会・精神福祉総論Ⅱ 介護技術


3年次

社会福祉専門科目 社会理論と社会システム 社会調査の基礎
福祉行財政と福祉計画 福祉サービスの組織と経営
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ
権利擁護と成年後見制度 福祉事務所運営論
保健体育・レクリエーションⅢ 経済学

精神保健福祉
専門科目
精神保健福祉の理論と相談援助の展開Ⅱ 精神保健福祉援助演習
精神保健福祉援助実習指導Ⅱ 精神保健福祉援助実習

特設科目 社会・精神福祉総論Ⅲ 情報と医療福祉Ⅱ 医事会計
手話 接遇マナーⅡ

学科紹介

  • 精神保健福祉科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP