札幌リハビリテーション専門学校home > ニュース > 学校から > 【札リハOT】技の伝承

NEWS

ニュース

学校から作業療法士科

2022.01.14

【札リハOT】技の伝承

皆さまこんにちは!

冬休みをいかがお過ごしでしょうか?

札幌リハビリテーション専門学校作業療法士科です。

 

学生たちの冬休み期間の過ごし方を紹介します。

1年生は冬休み明けに「関節可動域検査(ROM-T)」の実技試験があります。

1年生にとっては初めての実技試験ですので、もちろん緊張しますよね!?

 

そこで、札リハOT科では、

「スタンプラリー制度」というものを導入して、

自信を持って実技試験に臨めるように、

先輩である2年生が実技を指導してくれます。

 

「ここの軸、もう少しここに合わせてみて。」

「この骨の位置を目と手で確認してみて。」

「この方向から両手で手を持つといいよ。」

「教科書見て確認してみようか。」

先輩たちから温かくて、優しい言葉があちこちから聞こえてきます。

 

一通り先輩よるチェックが終わると、記録用紙に先輩がコメントを記入して、印鑑を押してくれます。

まるで夏休みのラジオ体操のよう!?ですね。

 

1年生からは、

「先輩方、かっこいい!」「すごく勉強になりました!」「次は自分たちでもっと練習してから見てもらいます!」

とても前向きな感想ばかりでした。

 

札リハ作業療法士科は、

先輩と、こういった上下の繋がりを大切にしながら、

お互いに学び合い、深めていく仕組みや仕掛けをたくさん設けています。

 

すべてはこれから出会う、患者さんのために、札リハは臨床に本気です。

 

以上、札幌リハビリテーション専門学校作業療法士科でした♪

 

 

札リハ作業療法士科をcheck してみよう!

💻【1/22開催 札リハのオーキャン情報】

↑↑↑クリック↑↑↑

3年生も、2年生も、申し込みありがとうございます!

まだまだ募集しておりますのでぜひ見に来てくださいね!

☟ 過去の作業療法士科の「ブログ」はコチラをクリック!!

 💻【作業療法士科】 

☟ご質問・資料請求は下記までお問合せください。

 💻【西野学園入試事務局】

expand_less