介護福祉士科

学科紹介|介護福祉士科

教育の特徴

豊かな人間性と対応力のある介護福祉士の養成を目指します。社会のニーズに応え福祉現場で幅広く活躍できるよう、支援方法を一つひとつ確実に身につけるカリキュラムとなっています。


地域に密着したボランティア活動がさかん!将来重要となるコミュニケーション能力も身につきます!  講師に福祉の第一線で活躍するプロを招き、学校では学べない「福祉現場の今」を知る授業を実施!


介護福祉士とは

高齢や病気、心身の障がいにより日常生活をおくる上で支障のある人を、専門的な介護の技術や知識を使って支援します。食事や入浴、着替え、移動などの手助けのほか家族へのアドバイスも実施。相手がその人らしい生活をおくれるよう、一人ひとりの状況に合わせた適切な支援を行います。

 

活躍の場 ・介護老人保健施設
・障がい者施設
・特別養護老人ホーム
・病院
・有料老人ホーム
・デイサービスセンター など

取得目標資格

  • 介護福祉士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格を取得
  • 福祉住環境コーディネーター2・3級

授業紹介

生活支援技術Ⅰ-Ⅱ(1年次)

利用者さまが生活するためには、家事に関する支援は不可欠です。その重要性や支援方法について演習を通して詳しく学びます。


生活支援技術Ⅱ-1(1年次)

人にとって食事は楽しみや生きがいです。一人ひとりの障がいや疾病に応じ、食生活を尊重できるような知識・技術を学びます。


介護過程Ⅱ(2年次)

介護過程は利用者さまが望む「よりよい生活」・「よりよい人生」を実現(継続)するために行います。利用者さまの情報を収集し、日常生活を支援するための計画・実施・評価を実践できる力を身につけます。


年次別カリキュラム

1年次

人間と社会 人間の理解Ⅰ 人間の理解Ⅱ 社会の理解Ⅰ 社会の理解Ⅱ
福祉住環境 リハビリテーション論

介護 介護の基本Ⅰ 介護の基本Ⅱ コミュニケーション技術Ⅰ
生活支援技術Ⅰ-1 生活支援技術Ⅰ-2  生活支援技術Ⅱ-1
生活支援技術Ⅲ-1 生活支援技術Ⅲ-2  介護過程Ⅰ
介護総合演習Ⅰ 介護実習Ⅰ

こころとからだの
しくみ
発達と老化の理解Ⅰ 認知症の理解Ⅰ 障害の理解Ⅰ
こころとからだのしくみⅠ こころとからだのしくみⅡ

特設科目 介護福祉総論Ⅰ 文章作成技法


2年次

人間と社会 社会の理解Ⅲ 情報処理

介護 介護の基本Ⅲ コミュニケーション技術Ⅱ 生活支援抜術Ⅱ-2
介護過程Ⅱ 介護総合演習Ⅱ 介護実習Ⅱ

こころとからだの
しくみ
発達と老化の理解Ⅱ 認知症の理解Ⅱ 障害の理解Ⅱ
こころとからだのしくみⅢ

医療的ケア 医療的ケア

特設科目 介護福祉総論Ⅱ

学科紹介

  • 介護福祉士科
  • 作業療法士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP