介護福祉士科

学科紹介|介護福祉士科

教育の特徴

確かな技術、そして人間性を高めるため、学内実習時間や福祉現場に関わる機会を豊富に取り入れコミュニケーション能力を伸ばす学習を実施。高齢者や障がいのある方などを幅広く支援できる介護福祉士を養成します。


障がいのある方の外出や移動を手助けする2つの資格を卒業と同時に取得!精神面に働きかける「メイク」や「アロマ」を介護現場で活用する技術も学習!


介護福祉士とは

高齢や病気、心身の障がいなどによって日常動作が不自由な方に寄り添い、食事・入浴・着替え・排泄・移動などをサポートするとともに、病棟ケアやリハビリテーションを行う医療系専門職と連携して自立を支えるのが介護福祉士です。その他、家族へのアドバイスも行います。その方らしく生活をするために必要なことを、チームの中心になって考えていきます。
 

活躍の場・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム
・グループホーム
・障がい者支援施設
・病院
・有料老人ホーム
・デイサービスセンター
・訪問介護サービス

取得目標資格 

  • 介護福祉士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格取得
  • 視覚障害者移動介護従業者(北海道知事)
  • 全身性障害者移動介護従業者(北海道知事)


授業紹介

コミュニケーション技術Ⅱ(1年次)

相手の立場を尊重して考える姿勢、共感する態度を養い、信頼関係を築くことに必要なコミュニケーション能力を身につけます。


 

生活の理解(1年次)

介護が必要な方、家族(介護者)の生活の基盤である「住まい」への理解を深め、専門職としての基本的な知識を身につけます。また、個別性を重視した介護のあり方を学習します。


生活支援技術Ⅱ(2年次)

応用的介護技術を習得し、要介護高齢者や障がいのある方の状況に応じた生活支援能力を身につけます。


年次別カリキュラム

1年次

人間と社会人間の理解Ⅰ  社会の理解Ⅰ  生活の理解Ⅰ
生活の理解Ⅱ  保健体育  情報処理  文章の表現Ⅰ

介護介護の基本Ⅰ コミュニケーション技術Ⅰ コミュニケーション技術Ⅱ  
生活支援技術Ⅰ 生活支援技術Ⅲ-2  生活支援技術Ⅲ-3  
生活支援技術Ⅲ-4 介護過程Ⅰ 介護過程Ⅱ 介護過程Ⅲ
介護総合演習Ⅰ  介護実習Ⅰ  介護実習Ⅱ-1

こころとからだの
しくみ
発達と老化の理解Ⅰ 認知症の理解Ⅰ  障害の理解Ⅰ 
こころとからだのしくみⅠ こころとからだのしくみⅡ

特設科目接遇マナー


2年次

人間と社会人間の理解Ⅱ 社会の理解Ⅱ 生活の理解Ⅲ 文章の表現Ⅱ

介護介護の基本Ⅱ 生活支援技術Ⅱ 生活支援技術Ⅲ-1 
生活支援技術Ⅲ-5 生活支援技術Ⅲ-6  介護過程Ⅳ 
介護過程Ⅴ 介護総合演習Ⅱ 介護実習Ⅱ-2

こころとからだの
しくみ
発達と老化の理解Ⅱ 認知症の理解Ⅱ 障害の理解Ⅱ 
こころとからだのしくみⅢ

医療的ケア医療的ケア

養成研修視覚障害者移動介護従業者養成研修課程
全身性障害者移動介護従業者養成研修課程

特設科目介護福祉総論

学科紹介

  • 作業療法士科
  • 理学療法士科
  • 介護福祉士科
  • 歯科衛生士科
  • 臨床検査技師科
  • 臨床工学技士科
  • 言語聴覚士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP