作業療法士科

学科紹介|作業療法士科

教育の特徴

 ❝対象となる方を中心に考えられる作業療法士❞の育成を目指し、1年次から演習授業を導入。
常に医療現場に根差した教育を心がけ、即戦力として活躍できる能力を身につけていきます。
 課題に対して主体的に学ぶとともに、頭で考えるだけでなく、他の学生とコミュニケーションを図り、自分とは違う考えにも触れながら知識を共有していくグループワークを実践しています。
 2017年からは1年次より臨床見学実習をスタートし、早期から職業意識を高めていくほか、2年次では就労支援や障害のある幼児・児童・生徒を支援する特別支援の施設などで体験を行う地域作業療法学実習を実施。また、理学療法士科と合同の授業もあり、お互いの専門性を理解するとともに、チーム医療の一員として活躍するための基礎を育てています。


卒業時、文部科学省より大卒と同等以上と認められる『高度専門士』の称号が付与されます!臨床実習で生じた疑問や不安も専任教員が面談で的確にアドバイス!自己到達度を確認することで実力も向上!


作業療法士とは

病気や障がいにより、日常生活が困難になっても、生きがいをもって暮らせるように支援していくのが作業療法士のお仕事です。私たちが普段、生活の中で行っている食事や入浴などの活動(作業)を通して、その人らしく、身体も心も元気でいられるためのリハビリテーションを行います。

 

活躍の場・病院、クリニック
 (リハビリテーション科・脳神経外科・
  精神科・総合療育センター など)

・在宅支援
 (訪問リハビリテーション・デイケアセンター・
  就労支援施設 など)
・福祉施設
 (介護老人保健施設・身体障害者施設・
  精神障害者施設・児童福祉施設 など)

・行政機関
 (保健センター など)

・教育機関
 (養護学校・発達支援センター など)

取得目標資格

  • 作業療法士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格を取得
  • 福祉住環境コーディネーター2級(東京商工会議所)

授業紹介

作業療法概論Ⅱ(1年次)

片麻痺など障害の特徴と作業療法士の関わりを理解し、障がい・身体状況をイメージしながら、色々なアイデアを具体的な道具(自助具)にしていきます。


身体障害作業療法評価学実習
(2年次)

関節可動域測定や筋力検査、感覚・知覚検査など、各種評価方法の基礎技法について学ぶ実習です。対象者の気持ちに気づくことも大切です。


精神障害作業療法学実習(3年次)

精神障がいの作業療法を考える実習です。中でも集団に対するプログラムは、楽しみながら支援になる内容を学生同士協力して考え、最後に意見交換を行います。


年次別カリキュラム

1年次

基礎分野基礎生物学 基礎物理学 心理学 社会学 法学 情報科学と処理
世界の中の日本 ソーシャルスキルⅠ 体育 文章表現法 医療英語

専門基礎分野解剖学Ⅰ 解剖学Ⅱ 身体運動機能学Ⅰ 身体運動機能学Ⅱ
生理学Ⅰ 生理学Ⅱ 人間発達学 リハビリテーション医学
社会福祉学 リハビリテーション概論

専門分野作業療法概論Ⅰ 作業療法概論Ⅱ 基礎作業学 基礎作業学実習
身体障害作業療法評価学Ⅰ 地域作業療法学Ⅰ 臨床見学実習


2年次

基礎分野ソーシャルスキルⅡ

専門基礎分野身体運動機能学実習 生理学実習 運動学 運動学実習
疾患の成り立ち 内部障害学Ⅰ 内部障害学Ⅱ 運動器障害学Ⅰ
運動器障害学Ⅱ 神経障害学Ⅰ 神経障害学Ⅱ 精神障害学 
臨床精神障害学 発達障害学 言語聴覚障害学 人間工学

専門分野作業療法研究法Ⅰ 作業療法基礎演習Ⅰ 身体障害作業療法評価学Ⅱ
身体障害作業療法評価学実習 精神障害作業療法評価学
精神障害作業療法評価学実習 発達障害作業療法評価学
老年期障害作業療法評価学 運動器障害関連作業療法学
内部障害関連作業療法学 発達障害作業療法学
日常生活活動学 高次脳機能障害作業療法学 地域作業療法学Ⅱ
地域作業療法学実習 生活環境学


3年次

基礎分野ソーシャルスキルⅢ

専門基礎分野臨床心理学 医療関係法規 生命倫理学

専門分野作業療法研究法Ⅱ 作業療法総合演習 作業療法基礎演習Ⅱ
身体障害作業療法学 身体障害作業療法学実習
精神障害作用療法学 精神障害作業療法学実習
発達障害作業療法学実習 老年期障害作業療法学
老年期障害作業療法学演習 日常生活活動学実習
装具関連作業療法学 作業療法各論 臨床実習Ⅰ

特設科目卒業研究Ⅰ


4年次

専門分野作業療法概論Ⅲ 作業療法管理学 作業療法学特論
作業療法学特論演習 職業関連作業療法学 臨床実習Ⅱ 臨床実習Ⅲ

特設科目卒業研究Ⅱ

学科紹介

  • 理学療法士科
  • 作業療法士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP