home > 社会福祉科

特別奨学生支援制度対象

社会福祉科

困りごとを解決したり、
暮らしを見守ったり。
介護についても学びながら、
相談員としての知識を身につけます。

社会福祉士って何だろう?

生活に困難を抱えている人の相談を受けて、
制度の案内、手続きなどを行う仕事。

介護保険サービスを利用したい。ケガで仕事ができなくなり、医療費が払えない──。病気や障がいのある方、高齢の方をはじめ、経済的な理由から生活に困難を抱えている人や家族の相談を受けて、必要なアドバイスや社会制度の案内、手続を行うことで支援していく仕事です。

お仕事図鑑で詳しく見る

卒業後の進路

福祉施設の相談員・支援員
介護老人保健施設/有料老人ホーム/
特別養護老人ホーム/デイサービスセンター/
身体障害者施設/知的障害者施設/
児童福祉施設/母子生活支援施設/
救護施設 など
医療機関のソーシャルワーカー
(医療相談員)
病院 など
行政機関のソーシャルワーカー
(相談員)
市町村役場/社会福祉協議会/
地域包括支援センター など

取得目標資格

国家資格社会福祉士(厚生労働省)
※卒業後、指定施設での相談援助業務
実務経験1年以上で受験資格を取得
国家資格介護福祉士(厚生労働省)
※卒業と同時に受験資格を取得
社会福祉主事任用資格
(厚生労働省)
※卒業と同時に資格を取得
福祉住環境コーディネーター2・3級
(東京商工会議所)

※カリキュラム変更により取得目標資格が変更となる場合があります。

NISHINOだからできること

ダブルライセンスを持つ福祉の専門家として、
地域の施設などで注目されています!

社会福祉士が行う相談援助業務についてはもちろん、介護福祉士の国家資格にも対応した
教育を行っているので、身体介助などの生活支援技術も身につけられます。

手話

生活支援技術Ⅲ-1

聴覚の障がいにより、話すことが困難な方とコミュニケーションを行うための手話を学んでいきます。

グループワーク

相談援助演習Ⅰ

関係機関との連絡、調整を行うために必要な知識・技術を学び、ニーズに合わせた援助ができるソーシャルワークの力を養います。

排せつ

生活支援技術Ⅱ-1

対象となる方を尊重し、羞恥心に配慮できる排せつの支援方法を学んでいきます。

高齢者疑似体験

発達と老化の理解Ⅱ

人を支援することから、老化に関する心理・身体機能の変化の特徴に関する基礎的な知識を学んでいきます。

プレゼンテーション

相談援助実習指導

相談援助に関する知識・技術を具体的に実体験し、実践的な技術について学ぶとともにそれをさらに深化させる力を養います。

学びのポイント

社会福祉士として必要な相談援助や社会制度についての専門科目に加え、介護福祉士の国家資格にも対応した福祉の基礎や、生活支援技術に関する教育も同時に行っています。ダブルライセンスを保有し、介護の視点も交えたアドバイスができる社会福祉士を目指します。施設実習に入る前にはOSCE(オスキー=実習前技術試験)を実施し、実践力が身についているかを確認します。また、学生が主体的に取り組める授業「アクティブラーニング」を取り入れ、確実に知識・技術を身につけるための取り組みにより、現場で即戦力として活躍できる人材の育成を行っています。

介護福祉士の国家資格にも対応する学習内容により、幅広い知識を身につけた即戦力の人材を育成。

年次別カリキュラム

1年次

前期
介護について理解する基礎科目と介護技術の学習
後期
人間理解を深めるための専門学習
■人間と社会
人間の理解Ⅰ 人間の理解Ⅱ 社会の理解Ⅰ 社会の理解Ⅱ 福祉住環境 リハビリテーション論
■介護
介護の基本Ⅰ 介護の基本Ⅱ コミュニケーション技術Ⅰ 生活支援技術Ⅰ-1 生活支援技術Ⅰ-2 生活支援技術Ⅱ-1 生活支援技術Ⅲ-1 生活支援技術Ⅲ-2 介護過程Ⅰ 介護総合演習Ⅰ 介護実習Ⅰ(216時間)
■こころとからだのしくみ
発達と老化の理解Ⅰ 認知症の理解Ⅰ 障害の理解Ⅰ こころとからだのしくみⅠ こころとからだのしくみⅡ
■専門科目
相談援助の基盤と専門職 相談援助演習Ⅰ
■特設科目
文章作成技法

2年次

前期
社会福祉専門科目の学習がスタート
後期
社会福祉士の専門科目を学習
■人間と社会
社会の理解Ⅲ 情報処理
■介護
介護の基本Ⅲ コミュニケーション技術Ⅱ 生活支援技術Ⅱ-2 介護過程Ⅱ 介護総合演習Ⅱ 介護実習Ⅱ(240時間)
■こころとからだのしくみ
発達と老化の理解Ⅱ 認知症の理解Ⅱ 障害の理解Ⅱ こころとからだのしくみⅢ
■専門科目
人体の構造と機能及び疾病 社会理論と社会システム 現代社会と福祉 相談援助の理論と方法Ⅰ
高齢者に対する支援と介護保険制度 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅰ 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ
低所得者に対する支援と生活保護制度 保健医療サービス 就労支援サービス 相談援助演習Ⅱ
相談援助実習Ⅰ(30時間)
■特設科目
社会福祉総論

3年次

前期
社会福祉士に必要な知識・技術の向上を図る
後期
専門科目の総仕上げと国家試験対策
■医療的ケア
医療的ケア
■特設科目
介護福祉総論
■専門科目
心理学理論と心理的支援 社会調査の基礎 相談援助の理論と方法Ⅱ 地域福祉の理論と方法 福祉行財政と福祉計画
福祉サービスの組織と経営 社会保障 権利擁護と成年後見制度 更生保護制度 福祉事務所運営論 経済学
相談援助演習Ⅲ 相談援助実習指導 相談援助実習Ⅱ(180時間)
  • 就職実績
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会

TOPICS

MORE

NEWS

MORE

expand_less