home > 資格取得・合格までの流れ

資格取得・合格までの流れ

介護福祉士国家試験の受験資格を取得し、合格するまでの流れを、本課程の特長を交えながらご説明します。西野学園の通信課程では、Eレポートを活用し時間負担の軽減など、働きながら学習する方を万全な体制でサポートいたします。

介護福祉士国家試験 受験資格

実務経験3年以上

介護福祉士実務者研修修了 2016年度(第29回)試験より追加

西野学園にて介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修 通信科へ入学

受講資格:義務教育修了者であり、介護福祉士となる意思のある者。

オリエンテーション

オリエンテーションでは、受講期間中の学習方法の説明を行います。この他、通信教育に使用するスマホ・PCの操作やE-レポート(e-ラーニング)の学習方法についても説明します。

通信学習 E-レポート

通信学習 E-レポート自宅で行う通信学習はE-レポート(e-ラーニング)により行います。まず、教科書をしっかり学習してから、課題学習に取り組みます。自動採点型になっていますので、課題を郵送するわずらわしさもありません。解答・解説のほか、教科書の出題箇所も表示されるため、復習も効率良く行うことができます。

通学学習 面接授業 (スクーリング)

通学で行う面接授業(スクーリング)は、8日間だけです。「介護過程Ⅲ」が6日間、「医療的ケア」が2日間です。介護福祉士の養成施設が行う演習のため、プロの教員の授業を受けることができます。

※「介護職員基礎研修」修了者は、「医療的ケア」のみの受講となります。※スクーリングは、他のコースに空きのある場合は、授業の振替ができます。

卒業(修了認定)

受講期間中に必要な科目をすべて習得すると、“卒業”(修了)となります。
※有資格者は短期修了可能。

実務経験3年以上

介護福祉士国家試験を受験

12月末までに研修を終了すると、翌年1月に実施される国家試験を受験することができます。
※実務者研修に、国家試験受験の期限はありません。国家試験対策講座はこちら!!

介護福祉士国家試験の合格率介護福祉士国家試験の合格率
本課程で国家試験対策講座を受講された方の国家試験合格率は、全国平均72.1%をはるかに上回る100%を達成(2016年度実績)。これまでに培われた実務経験と西野学園で学ばれた結果が合格へと導きます。

※国家試験の受験手続は、下記センターにてご自身で行っていただきます。

 公益財団法人社会福祉振興・試験センター

国家試験合格

介護福祉士免許取得

併設講座も開催中!

本課程では、介護教育のプロによる介護福祉士初任者研修および居宅介護従業者養成研修も開講しています。詳しい講座の情報は、PDFにてご確認ください。

home > 資格取得・合格までの流れ

expand_less