お知らせ

*避難訓練*

2021.08.25 | 日記

 

本日行った避難訓練の様子をお伝えします。

以前より真剣な姿を沢山目にしました。

 

自由選択活動が終わりクラスに戻ると園長先生の放送が聞こえ、しっかり耳を傾ける子ども達。

 

 

 

「今日は地震の訓練だよ。頭と首を守るよ。」

大事なお話をよく聞いていました。

 

園長先生の「ぐらぐらぐらぐら…!」の合図が聞こえると

1人1人が机の中で身を守ります。

 

 

 

 

 

足が出ている子や入りきれていない子には先生の援助もあります。

 

上手に身を守ることが出来ました!

“ぐらぐら”の合図が終わってもすぐには出てこない皆。

「先生の話を聞いて動く」という最初の放送をよく聞いていた証拠ですね。

 

その間、担任以外の先生で園内の安全や避難経路を確認して再び放送でホールへの避難を伝えました。

 

 

押さない、走らない、喋らない、戻らない

小さいながらにも立派に避難してきましたよ。

 

 

 

全員が集まってクラスの先生と安全確認。

「名前を呼ぶから返事してね!」

 

 

 

 

 

 

 

全園児の確認を終えて園長先生の話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

災害はいつどこでどんなタイミングで起こるのか分からないもの。子ども達にとっても大事なのですが、先生たちにとってもかなり大事な避難訓練です。

日頃から避難訓練に向けての打ち合わせをしていて「もしこうなったら…」「もしここが通れなかったら…」と様々な状況を想定して話し合っています。

しかし実際に子どもと一緒に避難訓練をすると、泣いて動けない子が居たり、抱っこすべき状況になったり…と様々なことが起きるのも現状。

今後も話し合いや反省を繰り返し行い、突然の災害に備えていこうと思います!

 

俵 ゆきの