お知らせ

*動物園での交流*

2017.10.17 | 日記

 

毎年、楽しみにしている、動物園での小学生との交流。今年も季節がやってきました。この交流は、5年前たまたま遠足で「すみません。動物について説明してるんですが、聞いてくれませんか?」と小学生に話掛けられたのがきっかけで、「どこの学校?」と聞くと「山の手南小学校の4年生です。」「え!?それは、私の母校!!」と興奮した私が、猛烈にアピールして続いている交流なのです。小学4年生の総合の学習「円山動物園ガイド」に幼稚園の子供がお客さんとして出かけています。実は、今年、長女がこの学校の4年生。幼稚園の子どもたちも「舞先生のこどもか~」と話しを聞いてくれていました。

 

天気も良く、木々も色づき、秋晴れを楽しめた今日。

  

小学生は、とっても優しく、というか、フレンドリーな子が多くて先生たちも嬉しく見守る事が出来ました!

中には「前の子は座ってね~」誘導してくれたりも…!

  

「絶滅危惧種って知ってますか?」という小学生の質問に「ぽか~ん…」の子ども。それを目にして「えっと、人間が、自分勝手にしたりして、死んじゃったりして、もういなくなっちゃいそうな動物の事なんだけど…」と一生懸命説明してくれました。

  

説明が終わった時に、幼稚園の子どもたちから「ありがとうございました!」とお礼をすると、ちょっと照れていた子も。

小学生も、こちらこそ…!とお礼してくれたり。

 

幼稚園に帰ってくると、「園長先生知ってる~?」レッサーパンダってね…」「ユキヒョウはなんでユキヒョウっていうかというと…」と教えてもらったことを、すっかり自分の物にしたり、小学生の真似してクイズをしてたり。幼稚園側として交流の1番の良さは、すごく身近なお手本・モデルに出会えることです。こんな優しいお姉さんになりたいな。このお兄ちゃんみたいに、カエルに詳しくなりたい。あんな風に上手な絵を描きたい…。そして、年長さんは「学校って楽しそう…」

この交流が、沢山の子どもたちにとって良い思い出になるといいなと思います。

小学校の先生達、子どもたち、ご協力ありがとうございました!

 

ところで、幼稚園の子どもたちは、時間がありまして、小学生が帰った後も散策を楽しみました!

今日は、どんぐり1・どんぐり2・ポプラ(たんぽぽ・すみれ・ちゅうりっぷ)・ポプラ(ばら・すずらん・ゆり)ポプラ(あさがおひまわりチーム)の5チームに分かれて散策しました。

 

いないいな~い……

 

ばぁ~!

 ヒグマはおおあばれ。

たっぷり回って、帰ったら12時。お腹が減って給食をたっぷり食べた皆でした!

 

> > 日記 > *動物園での交流*