お知らせ

*うさぎ4*

2020.11.20 | 日記

ついに、最後のグループうさぎ4の発表会。

 

本当にお待たせしました!

 

子どもたちも待ち遠しかったです!

 

衣装を着終わって、ワクワクしながら

 

発表会が始まるのを待っています♪

 

あきほ先生は、朝から(いやいや、昨日から…)少し(いやいやとても…)緊張していましたよ。

 

八百屋のゆきの先生も、控室でみんなと一緒でした!

 

「先生大丈夫だよ~♪まかせて~!」

 

 

いつも元気いっぱいのうさぎ4

1役ごと歌っていた、おうちを見つける時の歌の声、大きくて上手に歌えていましたね。年少さんとしては、なかなかすごい事なんですよ♪

 

みんなで集まったり、ちゃんと座る事が難しい事が沢山あった1学期。

 

あれ?先生の話を聞くと、面白いことがいっぱい!

みんなで一緒にやると楽しい!

そんな経験を積み重ねてきたことで、

 

今日の様に、決められたところに集まったり座ったりできるようになるのだと思います。

  

それでも、なが~く座ってたら疲れちゃうし、やさいはだんだん違うのが欲しくなってくるし、

その日の気分もあるし…と自由気ままな姿が出て来るのもまた年少さん。

この姿を是非目に焼き付けてください。そして、年長さんになった時には、そういった気持ちをコントロールしながら、「友達のため」「みんなで創り上げるため」に頑張る事が出来るようになっています!!

その時にお子さんの成長を本当に実感できるはずです。

 

私たちは、毎日みんなを見ているので、

初めてポプラさんの発表を見たときの目をまんまるくしていた表情や

初めて舞台に登った時にのにこにこした、ちょっと気取ったような顔

「今日は疲れてるの!」と言わんばかりの表情に、

昨日は練習に遅れて行った私を「あ~舞先生やっときた~!」という顔

その全部が思い出されて、愛おしいなぁと思うのです。

 

やさいをもらったり、お鍋に入れたり、お料理する場面は、今日が一番にぎやかでしたよ♪

八百屋さんも忙しそうでしたね。

 

でも、このスープはくまさんのために作る、だって泊めてくれたから!とお話を理解し、劇遊び・お話ごっこのとして、今日の発表会を迎えていたみんなだったなと思います。

 

今週に入って、ぐんぐんと感染が拡大し、札幌のステージがあがるなど、本当にハラハラドキドキしていたのも事実です。感染症対策をしているといっても、正解が何かわからない部分や、十分ではないかもしれない…という不安もあります。

それでも、やはり子どもたちの頑張りをその場で見て頂き、保護者の方の笑顔や拍手などを子どもたちが目の前で見れた事はとても素敵な経験で、その経験となる発表会をなんとか開催出来た事には、ほっとした気持ちや嬉しい気持ちがあります。

 

ポプラさんの発表会から約1か月。感染症対策へのご理解・ご協力。また、様々な方法で活動を支えて下さった保護者の皆さまあってこそ出来た、幼稚園の行事。

長くかかって、沢山あって、先生たちは大変だったでしょうと、言われることも多いのですが、

そうでもないのですよ!毎日の発表会は、私たちにとっても楽しくて、舞台袖で先生たちみんなで笑っちゃうことも沢山あって、先生も、子どもも楽しくて、そしてみなさんが笑顔であたたかく見て下さって、その全部が合わさった素敵な瞬間を、全部で10グループ、過ごさせて頂きました。

本当に本当に、ありがとうございました。

 

髙梨 舞