お知らせ

節分の豆まき(年長)

2020.02.03 | 日記

2月3日に年長組で豆まきを行いました。この日の為に作った鬼の帽子をかぶり、心の中の‘鬼’ をやっつけようとホールに集まってきました。「泣き虫鬼」「イライラ鬼」「好き嫌い沢山鬼」・・・。みんなの追い出したい鬼に、豆をぶつけてやっつけます。

早速、先生から豆をもらってスタンバイOK!

ひとしきり豆を投げ合った後、大きな太鼓の音が聞こえました。

「えっ。なに?」心配そうな子どもたち。

なんと、鬼の登場です。

鬼に豆をぶつけるよりも、逃げるほうがさき?

実は鬼の正体はというと・・・。ひまわり組のお友だちのお父さんと、バスの大野さん。

それまで怖くてドキドキしていたみんなも、「全然分からなかった~!」「え~!?ぼくのお父さんだ~!」と、とってもうれしそうです。

昔は春から新しい年が始まった為、立春の前日の2月3日は大晦日に相当します。

年の分かれ目には邪気が入りやすいので、この日に邪気払い行事として豆まきをするようになりました。地方によっては、この邪気を鬼が退治してくれると考え「鬼はうち」と豆をまくところもあるそうですよ。

日本の伝統行事、大切にしていきたいですね。

 

> > 日記 > 節分の豆まき(年長)