お知らせ

自由選択活動とは

2020.07.03 | 日記

私たちの幼稚園には「自由選択活動」の時間があります。

自由と言うと色々な意味にとることが出来ますが、ここでは

『子どもが遊びを自分で選び、満足するまで何度も何度も取り組むことが出来る時間』

です。

大人がすることを決めるのではなく、遊ぶ場所・何をするかは子ども自身が決めます。

人がやっていることが楽しそうで、ずーっと眺めてその時間が終わる子も。

そしてその姿(子どもの興味・関心、取り組み)は1年間同じではありません。

 

じっくり「集中」してやりたいことに取り組む姿。

自分で選んだからこそ、やり切った時、出来上がった時の達成感・充実感・満足感は言うまでもありません。

「遊びを通して学ぶ」幼児は、その達成・充実・満足を繰り返し行い、『自分』の土台を作っていくのです。

友達と喜び・楽しみ・充実を共有する姿。

一緒に遊ぶこともあれば、順番を待たなければならないこともあります。

物の数も、全員分はないからこそ「貸して」「いいよ」が必要になります。

上手にそれが出来る時ばかりではありません。当然喧嘩も起こります。

やりたかったけれど順番がまわってこない日もあります。

もっと遊びたかったけれど、帰る時間になってしまう事も。

 

幼稚園と言う小さな社会で、人と関わることを知り、関わり方を学びます。

遊びを知ります。

楽しいことも、嫌(苦手)なことも。

 

 

 

 

> > 日記 > 自由選択活動とは