お知らせ

避難訓練

2021.09.24 | 日記

今日は地震が来た場合の避難訓練を行いました。

いつ起こるか分からない災害に備え、様々なパターンを想定し行っています。

 

まずは部屋の中で今まで経験したことのおさらい。

地震が来たときに大切なのは、

・揺れに倒される前に体を低く

・手で頭を守る

・揺れが収まるまで動かない

の3つです。

 

 

「地震が来ているよ」の先生の声を聞き、すぐに隠れ頭を守ります。

写真は年長さんのクラスです。揺れが止まった、という先生の合図があるまでじっと自分の身を守っていました。

 

地震が収まったら、次は避難。

年度の初めは、どうしても『緊張感を持つ』というより、みんなで一斉に動き出すのが楽しくなってしまう子や、ふざけてしまう子がいました。

繰り返し避難訓練を行い、伝えていくことで『いつもとは違う』ということを子どもたちも感じられるようになります。

今回は以前に比べ、真剣に取り組む子がぐんと増えました!

 

 

 

避難をしたらクラスごとに並び、全員揃っているかの確認です。

(今回の避難場所はホール!様々な場面を想定し、場所も変えています)

 

 

みんなが揃ったことを確認した後は、副園長先生からの話です。

「揺れている間はどうしていたの?」「頭を守って隠れてた」

「どうして頭を守るの?」「体の中で大切だから!」などのやりとりから、今まで積み重ねてきたことが身に付いているな、と感じました。

 

いつもと違う様子や先生たちの雰囲気に『怖い』と感じる子もいるでしょう。

『みんなの命を守る、大切な練習」ということを今後も伝えていきます。