理学療法士科

動きを回復させたり、
悪化するのを予防したり。
身体の機能回復に関する
治療法を身につけます。

理学療法士って何だろう?

身体機能の回復を手助けし、
日常生活で必要な動作の練習や暮らしのアドバイスも行う仕事。

生活する上で必要な動作を回復させて、社会復帰を手助けするのが理学療法士。身体の一部または全体を動かして機能を高めていく運動療法、温熱・光・電気などで痛みを軽減する物理療法を行うほか、日常生活動作の練習や、バリアフリーの住宅改修などのアドバイスも行い支援していきます。

お仕事図鑑で詳しく見る

卒業後の進路

病院・クリニックの理学療法士
リハビリテーション科/整形外科/脳神経外科 など
在宅支援の理学療法士
訪問リハビリテーション/通所リハビリテーション(デイケア) など
福祉施設の理学療法士
介護老人保健施設/身体障害者施設/特別養護老人ホーム など
行政機関の理学療法士
保健所/保健センター など

取得目標資格

国家資格理学療法士(厚生労働省)
※卒業と同時に受験資格を取得
福祉住環境コーディネーター2級
(東京商工会議所)

※カリキュラム変更により取得目標資格が変更となる場合があります。

NISHINOだからできること

医療・福祉分野の学科が数多くあるので、
医療現場で進んでいる多職種によるチーム医療について
学ぶ機会を得やすいことが特徴。

作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士、歯科衛生士の各学科と連携した教育が動き出しており、
医療現場の今に対応できる専門家を目指せます。

理学療法<br />
基礎評価演習Ⅰ

理学療法
基礎評価演習Ⅰ

理学療法を行うために必要となる、さまざまな評価項目や測定・検査の意義、目的などを知るとともに、測定方法の基礎を学んでいきます。

運動療法総論

運動療法総論

さまざまな疾患による身体の機能・形態障がいを予防したり、悪化させないために行う運動療法を身につけます。

神経障害理学療法Ⅰ

神経障害理学療法Ⅰ

代表的な中枢神経疾患に対する理学療法の一連の流れと、治療方法の基本をもとに、患者さんへの説明方法を学習します。

運動器障害<br />
理学療法評価法

運動器障害
理学療法評価法

靭帯・半月板損傷、関節リウマチ、脊髄損傷などによる運動器障がいの状態を理解し、各種検査や測定ができる知識を学習していきます。

理学療法特論Ⅰ

理学療法特論Ⅰ

基礎医学・臨床医学、リハビリテーションが行われる分野について学ぶとともに、代表的な疾患の治療までの流れを理解します。

学びのポイント

1年次から臨床見学実習を実施し、2年次・3年次では本格的な臨床実習に取り組むほか、入学当初から国家試験を意識したグループ学習・校内模擬試験を実施。3年間で専門性を身につけ、医療現場で活躍できる人材を育てています。また、新しい取り組みとして、Web教材を活用した学習システムの開発・導入も進めています。教員が学内にICTプロジェクトを立ち上げ、教材の作成を行っているほか、学生が主体的に学ぶアクティブラーニングとの連携方法を検討。早期の導入を目指しているところです。異なる職種の視点を生かしながら、一人の患者さんを支援する多職種連携に対応した取り組みも動き出しています。

医療現場で活躍できる人材を3年間で養成するために、早期から医療の現場を知るとともにWeb教材の活用も推進。

年次別カリキュラム

1年次

前期
基礎分野を中心に学習
後期
障害学(疾病学)の学習がスタート
■基礎分野
基礎生物学 基礎物理学 基礎数学 社会学 文章表現法 情報処理 英語 体育 地域活動 ソーシャルスキルⅠ
■専門基礎分野
解剖学Ⅰ 解剖学Ⅱ 生理学Ⅰ 生理学Ⅱ 身体運動機能学 運動学 人間発達 内部障害学Ⅰ 神経障害学Ⅰ 運動器障害学Ⅰ 臨床心理学 リハビリテーション論 生命倫理
■専門分野
理学療法概論 理学療法概論演習 基礎理学療法学 理学療法基礎評価演習Ⅰ 運動療法総論 物理療法Ⅰ 地域リハビリテーションⅠ 臨床実習Ⅰ(見学)(45時間)

2年次

前期
疾病学の学習、評価学の実習が本格化
後期
各障がいに即した治療学の学習
■基礎分野
ソーシャルスキルⅡ
■専門基礎分野
身体運動機能学実習 運動学演習 病理学概論 内部障害学Ⅱ 神経障害学Ⅱ 発達障害学 運動器障害学Ⅱ 精神障害学 人間工学
■専門分野
研究方法論 理学療法基礎評価演習Ⅱ 運動器障害理学療法評価法 神経障害理学療法評価法 発達障害理学療法評価法  内部障害理学療法評価法 理学療法総合評価実習 運動器障害理学療法Ⅰ 神経障害理学療法Ⅰ 物理療法Ⅱ 義肢・装具関連理学療法 発達障害理学療法Ⅰ 発達障害理学療法Ⅱ 日常生活活動学 日常生活活動学演習 内部障害理学療法Ⅰ 地域リハビリテーションⅡ 生活環境学 臨床実習Ⅱ(評価)(135時間)

3年次

前期
実践的な学習と臨床実習を中心に学習
後期
国家試験対策
■専門基礎分野
医療関係法規
■専門基礎分野
理学療法障害学特論Ⅰ 理学療法障害学特論Ⅱ 理学療法管理学 運動器障害理学療法Ⅱ 神経障害理学療法Ⅱ 内部障害理学療法Ⅱ 理学療法特論Ⅰ 理学療法特論Ⅱ 理学療法特論Ⅲ 地域リハビリテーションⅢ 地域理学療法 臨床実習Ⅲ(総合)(315時間) 臨床実習Ⅳ(総合)(315時間)
  • 就職実績
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会

expand_less