home > 臨床工学技士科

臨床工学技士科

医療をサポートしたり
患者さんに寄り添ったり。
最新の医療環境を支える
高度な技術を身につけます。

臨床工学技士って何だろう?

医学と工学の知識・技術を生かし
生命維持管理装置の操作・管理・保守点検を行う仕事。

病院などで使用する医療機器をメンテナンスするとともに、機器の操作を通して診療・治療を支えるのが臨床工学技士。医学と工学の知識・技術を身につけたスペシャリストとして、手術室や人工透析など幅広い医療現場で活躍しています。

お仕事図鑑で詳しく見る

卒業後の進路

病院の臨床工学技士
人工透析室/手術室/集中治療室/救命救急室/
高気圧酸素治療室/ME機器保守管理室 など
透析クリニックの臨床工学技士
医療機器メーカーの臨床工学技士

取得目標資格

国家資格臨床工学技士(厚生労働省)
※卒業と同時に受験資格を取得
第1種・第2種ME技術実力検定試験
(日本生体医工学会)
医療機器情報コミュニケータMDIC
(日本医療機器学会)
医療情報技師
(日本医療情報学会)
危険物取扱者
(都道府県知事)

※カリキュラム変更により取得目標資格が変更となる場合があります。

《卒業後、一定条件を満たして取得する資格》
●臨床ME専門認定士 ●透析技術認定士 ●体外循環技術認定士 ●呼吸療法認定士 ●臨床高気圧酸素治療技師 など

NISHINOだからできること

医療機器エンジニアの登竜門
「ME技術実力検定試験」に毎年多数合格!

国家試験の目安となる「第2種ME試験」に2年生が全員受験し高い合格率を維持しています。1年生から挑戦し合格する学生も多数います。
さらに上を目指す学生には、国家試験を上回る難関の「第1種ME試験」の挑戦をサポートし、毎年総合合格者を輩出しています。

透析装置の操作

化学実習

血液浄化業務(血液透析)の一連の流れと、各段階での重要事項を学ぶとともに、血液浄化に必要な水、透析液の組成、浄化排液と体液中の成分などを実際に再現しながら学びます。

変圧器の実験

医用工学実習Ⅱ

JIS(日本工業規格)に規定されている計測具の製作や機器点検を行い、医療機器の電気安全について理解を深めます。また関連問題を反復して行い理解度を高めます。

透析装置の分解

医用機器
安全管理学実習

人工呼吸器、除細動器の取り扱い方法を中心に、安全管理の方法について実習します。また、手術室で使われる電気メスの保守点検についても学びます。

輸液ポンプの点検

医用治療機器学実習

医療機器に実際に触れ、操作・保守の基本を学ぶとともに、ME機器の内部回路への理解を深めます。

人工心肺装置のセッティング

医用生体工学実習

臨床工学技士が実際に取り扱う医療機器・器具などに実際に触れて学ぶほか、第2種ME技術実力検定合格のための学力も身につけます。

学びのポイント

実際の医療現場に入る3年次の臨床実習のほかに、1年次から病院見学の機会を設けています。臨床工学技士が活躍するさまざまな職場を知るとともに、社会人として必要な礼儀なども身につけていきます。学内実習では、道内でも数少ない体外循環シミュレーター(ECCSIM)を使用。手術中の状態急変などを再現し、ケースに応じた対応・対処の仕方を感覚的に学習しています。少人数制の学内実習体制を取り、教員も学生と目線を合わせながら議論に参加。グループごとの進捗に合わせた指導を行っています。また、学生の授業アンケートのフィードバックに基づいて、効果的で学びやすい環境づくりを常に進めています。

さまざまな職場について知るために、1年次から病院見学の機会を提供。学内実習は少人数のグループ制で実施し、進捗に合わせた指導に取り組む。

年次別カリキュラム

1年次

前期
人体の構造や工学的な基礎を学習
後期
専門基礎分野の講義と実習
■基礎分野
心理学 法学 生物学 医用数学Ⅰ 医用数学Ⅱ 医用物理学Ⅰ 医用物理学Ⅱ 医用化学 化学実習 英語 体育
■専門基礎分野
公衆衛生学 解剖学 生理学Ⅰ 生理学Ⅱ 生理学Ⅲ 基礎医学実習 医学概論 看護学概論 臨床生化学Ⅰ 臨床検査学概論 電気工学Ⅰ 電気工学Ⅱ 電気工学Ⅲ 医用工学実習Ⅰ 医用工学実習Ⅱ 電子工学Ⅰ 生体計測装置学Ⅰ 物性工学 システム工学Ⅰ 情報工学 情報工学実習Ⅰ 情報工学実習Ⅱ 情報工学実習Ⅲ 情報工学実習Ⅳ
■専門分野
医用工学Ⅰ

2年次

前期
臨床工学の専門基礎と専門分野の学習
後期
呼吸・循環・代謝に特化した講義・実習
■基礎分野
文章技法Ⅰ 文章技法Ⅱ
■専門基礎分野
臨床生化学Ⅱ 臨床免疫学概論 臨床薬理学概論 病理学概論 電子工学Ⅱ 電子工学実習 生体計測装置学Ⅱ 生体計測装置学実習 機械工学Ⅰ 機械工学Ⅱ 材料工学 システム工学Ⅱ
■専門分野
医用工学Ⅱ 医用生体工学実習 医用工学特論Ⅰ 医用機器学Ⅰ 医用機器学Ⅱ 医用治療機器学 医用治療機器学実習 生体機能代行技術学(専門用語) 生体機能代行装置学(呼吸) 生体機能代行装置学(循環)Ⅰ 生体機能代行装置学(循環)Ⅱ 生体機能代行装置学(代謝)Ⅰ 生体機能代行装置学(代謝)Ⅱ 医用機器安全管理学Ⅰ 医用機器安全管理学Ⅱ 医用機器安全管理学Ⅲ 医用機器安全管理学実習 関連臨床医学Ⅰ 関連臨床医学Ⅱ 関連臨床医学Ⅲ

3年次

前期
臨床技術の総仕上げと臨床実習
後期
卒業研究と国家試験対策
■専門基礎分野
放射線工学概論
■専門分野
医用工学特論Ⅱ 医用機器学特論 生体機能代行装置学(麻酔) 生体機能代行装置学実習 生体機能代行装置学特論 関係法規 関連臨床医学Ⅳ 関連臨床医学特論 卒業研究 臨床実習(180時間)
  • 就職実績
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会

expand_less