home > 作業療法士科

作業療法士科

できる喜びを伝えたり、
暮らしやすさを支えたり。
イキイキとした生活を実現する
治療の技術を学びます。

作業療法士って何だろう?

日常生活での活動を通して心身を元気にするための
リハビリテーションを行う仕事。

心身の病によって、食事や入浴など生活のなかの動作(作業)に支障が出ている人に対してリハビリテーションを行うのが作業療法士。どんな暮らしを望んでいるかといった想いに寄り添い、理解した上でイキイキとした生活の実現を支えていきます。

お仕事図鑑で詳しく見る

卒業後の進路

病院・クリニックの作業療法士
リハビリテーション科/脳神経外科/
精神科/総合療育センター など
在宅支援の作業療法士
訪問リハビリテーション/
デイケアセンター/就労支援施設 など
福祉施設の作業療法士
介護老人保健施設/精神障害者施設/
身体障害者施設/児童福祉施設 など
行政機関の作業療法士
保健所/保健センター など

取得目標資格

国家資格作業療法士(厚生労働省)
※卒業と同時に受験資格を取得

NISHINOだからできること

4年制養成校と同等の
臨床実習時間数を設定し、実践力を磨きます!

授業や実習でわからないことや、悩みがあっても気軽に相談できます。
先生とたくさんの会話をするなかで、コミュニケーション力や対応力を自然と身につけていくことができます。

基礎作業学演習

基礎作業学演習

陶芸、木工、皮革工芸、籐細工といった作業活動を実施し、指導方法を習得することで正しく説明できる力を身につけます。

身体障害作業療法<br />
評価演習Ⅰ

身体障害作業療法
評価演習Ⅰ

作業療法を行う上で重要となる各種評価(患者の状態の把握や結果の検討)方法の基礎技法を正確に行っていくための実施方法を身につけます。

精神障害<br />
作業療法演習

精神障害
作業療法演習

精神障害の病気の様子と心理状態を理解し、作業療法の実践的な知識(治療・援助の方法)を学びます。

発達障害<br />
作業療法演習

発達障害
作業療法演習

作業療法のための評価や治療プログラムの立案、実施の知識や技術を身につけ、発達に障がいのある子どもたちに対し、成長に合わせた治療の介入方法を考えます。

装具関連<br />
作業療法演習

装具関連
作業療法演習

義肢や装具について調整・訓練方法などを習得し、実際にスプリントの製作を行います。

学びのポイント

医療分野だけでなく福祉の現場などでも作業療法士が求められるようになっており、「地域リハビリテーション」という科目では、体験実習を通して高齢者施設などで果たす役割や仕事を経験する時間を設けています。また、医療・福祉に関わる多職種の専門家が連携して一人の患者さんを支援するチームアプローチに注目が集まるなか、授業では課題に対して学生同士で考えるグループワークを多く導入し、人の話を聴く姿勢、自分の意見を発信する力などを養っています。解剖学や運動学など、身体についての基礎知識が実際の作業療法とどう関係しているのかを具体的に示すことで、より理解を深める工夫も行っています。

学生同士で意見を出し合い、考えるグループワークを多く導入。延べ810時間以上の臨床実習を行い、医療の現場ですぐに役立つ実践力を身につける。

年次別カリキュラム

1年次

前期
医療人として必要な基本的知識を学ぶ
後期
臨床を見学し、専門職のイメージをふくらませる
■基礎分野
基礎生物学 基礎物理学 文章表現法 情報処理 心理学 英語 体育 職業とキャリア ソーシャルスキルⅠ
■専門基礎分野
解剖学Ⅰ 解剖学Ⅱ 生理学Ⅰ 生理学Ⅱ 身体運動機能学Ⅰ 身体運動機能学Ⅱ 人間発達 運動学 内部障害学Ⅰ 神経障害学Ⅰ 臨床心理学 リハビリテーション論 生命倫理
■専門分野
作業療法概論 基礎作業学 基礎作業学演習 身体障害作業療法評価学 身体障害作業療法評価演習Ⅰ 発達障害作業療法評価学 精神障害作業療法評価学 老年期障害作業療法評価学 地域リハビリテーションⅠ 臨床実習Ⅰ(見学)(45時間)

2年次

前期
作業療法士として、専門的な知識・技術を身につける
後期
臨床実習を通して複合的な力を高める
■基礎分野
ソーシャルスキルⅡ
■専門基礎分野
身体運動機能学実習 運動学演習 病理学概論 内部障害学Ⅱ 神経障害学Ⅱ 発達障害学 運動器障害学 精神障害学 人間工学
■専門分野
作業療法総合演習 身体障害作業療法評価演習Ⅱ 精神障害作業療法評価演習 身体障害作業療法学 身体障害作業療法演習 精神障害作業療法学 精神障害作業療法演習 老年期障害作業療法学 老年期障害作業療法演習 高次脳機能障害作業療法学 発達障害作業療法学 発達障害作業療法演習 日常生活活動学 日常生活活動学演習 装具関連作業療法演習 地域リハビリテーションⅡ 生活環境学 臨床実習Ⅱ(評価)(135時間)

3年次

前期
臨床実習を通して、即戦力となる技術を身につける
後期
国家試験合格にむけてみんなで取り組む
■専門基礎分野
医療関係法規
■専門分野
作業療法特論 作業療法特論演習 作業療法研究法 作業療法管理学 職業関連作業療法学  作業療法治療学各論 地域作業療法 臨床実習 Ⅲ(総合)(315時間) 臨床実習 Ⅳ(総合)(315時間)
  • 就職実績
  • オープンキャンパス
  • 進学相談会

TOPICS

MORE

NEWS

作業療法士科 2018.03.16
学科交流会を行いました!

MORE

expand_less