歯科衛生士科

学科紹介|歯科衛生士科

教育の特徴

乳幼児から高齢者まで、各ライフステージの口腔内に合わせた健康づくりを担える歯科衛生士を養成。歯科現場で行う臨地・臨床実習は900時間と豊富に設定。大学病院や歯科医院で最前線の現場に数多く触れながら学習を行います。


学外体験が豊富!姉妹幼稚園の歯科検診見学、歯科技工所見学、小・中学校の集団保健指導でさらに実力UP!
現役歯科衛生士による授業も魅力!最新の技術や歯科材料を学ぶ講習会を定期的に実施しています!


歯科衛生士とは

歯の健康づくりの専門家として、歯科医師の指示のもと、虫歯や歯周病予防のための「歯科予防処置」、歯みがきや生活習慣の指導を通して口腔の健康づくりを支援する「歯科保健指導」、歯科医師の診療をサポートする「歯科診療補助」の3つの業務を行います。
 

活躍の場 ・歯科クリニック
・病院
・保健所
・歯科関連企業 など

取得目標資格

  • 歯科衛生士(厚生労働省) ※卒業と同時に受験資格取得
  • 2級メディカルクラーク[歯科](日本医療教育財団)
  • 医療福祉環境アドバイザー(日本医療環境福祉検定協会)
  • ビジネス実務マナー検定2・3級(実務技能検定協会)
  • サービス接遇検定準1・2・3級(実務技能検定協会)
  • 日本口腔ケア学会認定資格試験5級(日本口腔ケア学会)
  • アロマテラピー検定2級(日本アロマ環境協会)

授業紹介

歯科診療補助Ⅰ(1年次)

歯科の治療手順を理解し、診療の流れに沿って的確に器材を準備するための、基礎的な知識と技術を身につけていきます。


歯科予防処置Ⅱ(2年次)

1年次で学んだことを基本に、むし歯と歯周病を予防するための実践的な能力を身につけていきます。また、各器具の操作を学び、適切な処置を行う方法を習得していきます。


歯科診療補助Ⅲ(3年次)

診療をスムーズに進めるために必要な診療科目の知識を身につけるとともに、歯科治療の流れを理解します。またインプラントの診療補助、国家試験対策を行います。


年次別カリキュラム

1年次

基礎分野 生物学 化学 情報処理 基礎数学 心理学 倫理学
臨床歯科英語 文章表現 保健体育

専門基礎分野 解剖学 組織・発生学 生理学 生化学 口腔解剖学
歯牙解剖学・歯型彫刻 口腔生理学 病理学・口腔病理学
微生物学 薬理学・歯科薬理学 栄養学 口腔衛生学Ⅰ
衛生学 公衆衛生学 衛生行政・社会福祉学

専門分野 歯科衛生士概論 歯科臨床概論 臨床検査法Ⅰ
歯科予防処置Ⅰ 歯科保健指導Ⅰ 歯科診療補助Ⅰ
基礎介護技術

選択必修分野 接遇


2年次

基礎分野 コミュニケーション学

専門基礎分野 口腔衛生学Ⅱ 看護概論

専門分野 歯科衛生学総論 保存修復学 歯内療法学 歯周治療学
歯科補綴学 口腔診断・口腔内科学 口腔外科学
歯科麻酔学 小児歯科学 歯科矯正学 歯科放射線学
高齢者歯科学 障害者歯科学 摂食・嚥下機能学
臨床検査法Ⅱ 歯科予防処置Ⅱ 歯科保健指導Ⅱ
歯科診療補助Ⅱ 歯科材料学 臨床実習Ⅰ

選択必修分野 歯科医療事務Ⅰ 実習指導Ⅰ


3年次

専門分野 歯科予防処置Ⅲ 口腔保健管理 歯科保健指導Ⅲ
歯科診療補助Ⅲ 臨床実習Ⅱ

選択必修分野 歯科医療事務Ⅱ レセプトコンピューター実習
実習指導Ⅱ 課題研究 総合学習 歯科医学総論

学科紹介

  • 作業療法士科
  • 理学療法士科
  • 介護福祉士科
  • 歯科衛生士科
  • 臨床検査技師科
  • 臨床工学技士科
  • 言語聴覚士科
  • 資料請求
  • 入試制度・学費

TOP