札幌医学技術福祉歯科専門学校home > ニュース > 臨床工学技士科 > 実習授業がはじまりました@臨床工学技士科

NEWS

ニュース

臨床工学技士科

2020.07.02

実習授業がはじまりました@臨床工学技士科

🤗医療機器のスペシャリスト、臨床工学技士科です。🤗

 

ずっと自粛していた、学内の実習授業がついに開始されました。

臨床工学技士は医療機器を前に実際に手を動かすのが大切。👍

本格的に手技を学ぶ2年生以降の医療機器実習は、1テーマ、10人以下が基本です。

 

 

こちらは心臓手術における技士業務の実習風景です。💖

 

今回使用する装置は、心筋保護液供給装置。

心臓を安全に眠らせて、お医者さんが心臓にメスを入れられるようにするための装置です。👩‍⚕️

 

奥で学生さんが、タブレットを構えて動画撮影中ですね。🎥

放課後に操作の練習をする学生さんが多いので、こういったリクエストもあります。

手技の性格上、個人機器持ち込み不可の実習もあるので、先生に事前確認してくださいね。

勝手にやったら怒られちゃうんで注意ですよ。😖

 

 

こちらは人工透析回路の説明中です。

 

1年生の時に透析回路を見よう見まねで組んでいたメンバーですが、

2年生になったら、回路の細かいパーツについての知識を深めていきます。👀

特に、清潔操作が必要な部分の扱いなど、より現場に近い手技を身に着けていきます。

 

実習中には、学生さんが自由に動き回って色々な角度から手技が見られるように、

クリップボード持参で、メモを取るようにお願いしています。

 

実習の終わりには、メモの内容をまとめたレポートを書きます。📝

持ち帰るとモチベーションが下がってしまうので、図書館に集まって書き上げてるようですよ。🤗

expand_less