お知らせ

「バス登園の園児確認について」

2022.09.12 | 日記

本園では、園児が保育室に行っても先生がいないという事を無くするためにバスに教員を乗せず、

添乗員という立場の人を教員とは別に雇用してバスでの登降園をお手伝いして貰っています。
この状況にして既に40年以上の時間が経っていますが、これまで一度も園児をバスの中から降ろし忘れた
という事故は起こっていません。添乗員の仕事としては、園に到着して園児を下ろした後、一番後ろまで
見回って園児がいないか、忘れ物はないかを確認した上で降車することになっています。
無論バスの運転手も確認をしております。
また、コロナ禍においては、その後車内の消毒もありますので、今は三度見回ることになります。
添乗員の欠勤時や園外保育の際は、教員がバスに乗る事もありますが、その際も決まった確認を実施しております。
バスと園で園児の乗車状況の伝達もしております。
そのため、本園では、報道にあるような事件が起きづらいと考えております。各現場において過信せず常に保護者の皆さんに
安心してもらえるよう努力して参ります。
最後に保護者の皆さんにお願いがあります。欠席時の連絡は①必ず忘れずに②朝のうちにお願いします。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

学校法人 西野学園 理事長 前鼻 英蔵

> > 日記 > 「バス登園の園児確認について」