札幌医学技術福祉歯科専門学校home > ニュース > 作業療法士科 > 【作業療法士科×入試事務局】教員インタビュー vol.2

NEWS

ニュース

作業療法士科

2021.10.07

【作業療法士科×入試事務局】教員インタビュー vol.2

 

~~~

 

入試事務局
「お子さんがいらっしゃったんですね。きわどい質問ですが、学費はどうされてたんでしょうか?」

 

 

教員
「奨学金や高等職業訓練促進給付金等に申請し、やりくりしていました。長期休みにはアルバイトをしていました。ちなみに、お正月のしめ縄飾りのバイトは日当1万円で結構稼げましたよ(笑)」

 

 

入試事務局
「私も大学生のころ、奨学金を貸与していました。支援制度って本当大事でしたよね。在学中、何に一番苦労しましたか?」

 

 

 

教員
「お金と時間が自由にならなった事です。それによって子どもをどこかに連れていってあげる事ができなかったので。子どもと両親には感謝してもしきれないですね。」

 

 

入試事務局
「そのような苦労は、どのように乗り越えたんですか?」

 

 

教員
「休みの日はなるべく子どもとの時間がとれるように、休日も早起きして勉強や課題を片付けるようにしました。あとは卒業したら「東京ディズニーランド」に行く約束をしたりして…なんとか乗り越えて来た気がします。」

 

 

入試事務局
「上記の支援制度についてですが、どのような制度を利用されましたか?」

 

 

 

教員
「私が利用した制度は、日本学生支援機構の奨学金と市町村でやっている無利子の「母子寡婦福祉資金貸付金」・「生活福祉資金貸付制度」、返済義務のない「高等職業訓練促進給付金」です。市役所にいる母指婦人相談員の方が親身になってくださり様々な制度を知る事が出来ました。」

 

 

入試事務局
「これらの支援制度が無くても作業療法士を目指せていましたか?」

 

 

教員
「いいえ、今の私はないですね。」

 

vol.3へつづく・・・

 

【上記で出た支援制度については下記をご参考ください】

■日本学生支援機構

■母子父子寡婦福祉資金貸付

■生活福祉資金貸付制度

■高等職業訓練促進給付金

expand_less